新亜光学工業株式会社の技術と共にみる精密機械の未来

新亜光学工業株式会社と医療系精密機械との関係

外科治療や診察をする際の精密機械とは

2015年の駆動モーター及び光量調整装置をはじめ、複数の特許取得実績を持つ新亜光学工業株式会社。経験とスキルを活かして、カメラやソーラーパネルなど私たちの生活にプラスとなる精密機械を製造しています。他には、医療系の精密機械の製造や開発も行います。

例えば、光学エネルギーを駆使して作る歯のホワイトニングや歯石除去をするための治療器具、インプラントなど模型作成など歯科医療で役立つ精密機械の製造をします。できるだけ患者さんや歯科医師が負担を抑えられて、失敗のリスクが少ない精密機械を届けます。末永く歯の健康維持を図るための仕事をしており、多くの歯科医院から信頼を得ている理由です。

他には、内視鏡手術をするためのカメラ系の精密機械も。詳しく身体の内部まで状態確認できるうえ、負担を少なくして治療ができるのが強みです。患者さんの病気が早期発見に繋がると、健康長寿の観点でプラスに作用します。また、ナノファイバーを用いて細胞レベルまで直接薬や栄養を届ける治療器具の製造もします。たとえ注射を打つのが困難な健康状態の患者さんでも、治療効果が期待できるでしょう。

近年では感染症ウイルス対策や症状を抱えて外出困難な人向けに、オンライン診療をする病院が増えているようです。光学業界の第一線を走っている新亜光学工業株式会社は、今のニーズに合う製品を製造しており、日々の研究も欠かしていません。

いくつかの医療機器について説明をするので、確認をすれば新亜光学工業株式会社の魅力が伝わるのではないでしょうか。

TOPへ戻る