新亜光学工業株式会社と医療系精密機械との関係

>

新亜光学工業株式会社は医療系精密機械の製造や研究もしている

歯科医院向けの精密機械

光量調整装置をはじめ、特許取得実績を持つ新亜光学工業株式会社。そのスキルを活かして、歯のホワイトニングや歯石除去、インプラントの型取りのような機器を製造した実績があります。他には、より詳しく歯の状態を確認するための、レントゲンカメラの製造に貢献することも。

他には、歯科用顕微鏡を導入する歯医者が増えています。精密機械によっては、肉眼で確認するよりも数十倍まで拡大ができます。明確な歯の状態確認ができるため、虫歯や歯周病の進行具合が確認できるうえ、治療をする際にプラスに作用するでしょう。

しかし、機器が高価であるため導入を躊躇う歯医者は少なくありません。新亜光学工業株式会社であれば、光学部品や精密機械をリーズナブルで製造できるスキルがあります。賢く活用すれば、相場より安い価格で購入ができるでしょう。

内視鏡カメラ

身体の状態をより詳しく確認する際、内視鏡カメラは欠かせない医療機器の1つです。日本は1949年に内視鏡カメラが導入されてから、年々技術の向上に伴い治療も同時に行える機器が増えました。新亜光学工業株式会社も少なからず貢献しており、医療にプラスを提供しています。

早期の癌やポリープなど大掛かりな手術をしなくても内視鏡手術で治療可能な場合には、特に心強い存在となるでしょう。粘膜切除術や粘膜下層剥離術など症状に合わせて治療ができると、患者さん以外に医師も負担が少なくて済みます。

衛生面を配慮するなら、内視鏡手術のカメラやメスを常に洗浄することが欠かせません。しかし、より衛生面を高めるために、使い捨てタイプの内視鏡を導入する企業はあります。新亜光学工業株式会社も日々の研究を通じて、ニーズに合う精密機械導入を目指しています。


TOPへ戻る