新亜光学工業株式会社と医療系精密機械との関係

>

オンライン診療向けの精密機械とは

オンライン診療

感染症ウイルスの疾患をした場合など、外出制限が必要な状況になれば病院への通院ができません。また、対面診療でも感染症ウイルス疾患のリスクが伴います。オンライン診療なら外出ができなかったり難しかったりした場合でも、安心して診療が受けられるはず。

オンライン診療時に必要な精密機械は、パソコンやタブレットのようなハード面以外に、WEBカメラやマイクのような機器も欠かせません。特に機器の品質が悪い状態だと、スムーズな視聴が難しくなり、診察も思うように進みません。

新亜光学工業株式会社はカメラ製品をはじめ、さまざまな精密機械の製造をしました。経験を基に、質の高いオンライン診療ができるものを提供しています。今後の医療発展の観点でもプラスに作用するでしょう。

光ファイバーケーブルについて

光ファイバーケーブルは1本あたり細めの繊維を重ねていますが、大容量の情報を通すことができます。特にオンライン診療の場合、画質や音質を良くするために容量が必要です。高速通信が可能な光ファイバーケーブルだと、心強い存在となるでしょう。

伝送損失という回線を流れる過程でのトラブルが生じると、画質や音質の低下を招きかねません。しかし、トラブルが少ない精密機械であれば、安定して品質の高い画像を送信することができます。

新亜光学工業株式会社は、多くのケーブル製造をした実績があります。製品化する前のトラブル対策も万全なので、頼りにされているポイントです。また、第五世代移動通信システムが普及しており、今後もエリア拡大が見込まれます。対応できるケーブルの製造を、新亜光学工業株式会社が行います。


TOPへ戻る